• 内科
  • 外科
  • 消化器内科
  • 内視鏡内科
  • 肛門外科
0287-20-1192
栃木県大田原市中央2-9-32
Web予約

ピロリ菌検査除去

ピロリ菌について

ピロリ菌検査除去

ヘリコバクター・ピロリ菌は一般的にはピロリ菌と呼ばれ、胃内で生息する4ミクロン(4/1000mm)ほどの病原微生物のことです。ピロリ菌が強酸性下の胃の中で死滅しないのは、胃の中にある尿素をアンモニアと二酸化炭素に分解し、そのアンモニアで酸を中和することにより、菌体の周りの酸の程度を弱くして生きているためです。

ピロリ菌は胃にピロリ菌感染胃炎と呼ばれる慢性的な炎症を起こします。胃の防御機能を弱めて粘膜が傷つきやすい状態にしたり、ピロリ菌感染により炎症による破壊と修復を繰り返したことで胃の粘膜が薄くなった状態である萎縮性胃炎を引き起こすことで、喫煙や食生活などの生活習慣や遺伝の影響を受けやすくし、胃がんを発症しやすくします。
また、ピロリ菌感染胃炎の状態から胃MALTリンパ腫、胃(過形成性)ポリープ、特発性血小板減少性紫斑病(ITP)といった病気や胃がんの種類の一つである女性に多い未分化型のスキルス胃がんもピロリ感染胃炎から生じます。

感染経路について

ピロリ菌の感染経路については、完全に解明されたわけではありませんが、幼少期の口を介した感染や生水摂取が大部分と考えられています。幼児期には胃酸も弱く免疫機能が不十分なため持続感染となりやすいからです。
ご家族の方から子どもへの家庭内感染の可能性として、例えばピロリ菌に感染している大人から小さい子どもへの食べ物の口移しなどが感染原因として考えられています。大人になってからの持続感染は非常にまれと考えられています。

症状について

ピロリ菌が胃に定着しても、常に症状が出ることはありませんが、胃潰瘍などの病気が発症した場合にいろいろな症状が出ます。例えば胃のむかつき、胃の痛み、吐き気などの自覚症状が認められるようになります。

検査について

ピロリ菌の診断には胃カメラを使用する方法と使用しない方法があります。使用する方法には、迅速ウレアーゼ試験、鏡検法、培養法があります。

胃カメラを使用する診断方法

迅速ウレアーゼ試験
ピロリ菌のもつ酵素のはたらきで作り出されるアンモニアの量を調べて、ピロリ菌の有無を調べます。
鏡検法
採取した組織を染色して顕微鏡で観察することにより、ピロリ菌がいるかどうかを調べます。
培養法
採取した組織を用いて培養し、ピロリ菌が増えるかどうかを調べます。

胃カメラを使用しない診断方法

尿素呼気試験、抗体検査(血中・尿中ヘリコバクターピロリ抗体測定)、便中ヘリコバクター抗原検査があります。通常ピロリ菌の感染確認には上記3つの方法、ピロリ菌除菌治療後の効果判定(除菌成功か不成功かの判定)には尿素呼気試験か便中ヘリコバクター・ピロリ抗原検査が用いられます。

当クリニックでは患者様の症状などからピロリ菌の感染が疑われる場合、保険診療にて胃カメラ(上部消化管内視鏡)検査をおすすめしております。検査では胃がんの有無を確認するほか、食道・胃・十二指腸に病変がないかを確認します。

除菌治療について

検査の結果、ピロリ菌に感染していることが判明した場合は、薬物療法による除菌治療を行います。お薬の内服時に副作用などいくつかの注意事項がありますので、受診時にご説明させていただきます。

薬物療法

胃酸を抑える薬と2種類の抗生物質の計3種類の薬を朝と夕の1日2回服用、これを1週間続けます。服用を終えて約2ヵ月以上が経過してから除菌療法の効果(便中ヘリコバクター・ピロリ抗原検査を用いています)を判定します。
なお薬を正しく服用していても、ピロリ菌の薬剤耐性(ピロリ菌が薬に抵抗力を持ち、効かなくなる)のために除菌に失敗することがあります。

初回の治療が不成功の場合、抗生物質の組み合わせを変えて2回目の治療(二次除菌薬)を行います。

三次除菌については、二次除菌が不成功であった人を対象に自費診療で行っております。
また、ペニシリンアレルギーのため保険診療で除菌治療が受けられない方にも、ペニシリン系薬剤を用いない薬剤の組み合わせでの除菌を自費診療で行っております。お気軽にご相談ください。

ピロリ菌除菌治療成功後について

ピロリ菌除菌が成功後は一時的に胸焼けなどの症状が出現、悪化することがあります。これは除菌により胃酸分泌が増加したためで、特に胃カメラ検査で食道裂孔ヘルニアや逆流性食道炎の所見があった方などに起こりやすい症状です。
通常は6か月から1年で自然に症状がなくなることが多いですが、以前より症状のあった方は症状が残ることがあります。

除菌前に症状が残りやすい方にはご説明しておりますが、ピロリ菌がいなくなるメリットのほうが大きいと考えて、除菌をおすすめしております。
胸焼け等の症状は制酸剤等の内服で多くの場合はコントロール可能なので、除菌後の症状でお困りの方はご相談ください。

また、ピロリ菌除菌に成功した場合でも胃がんになる確率は大幅に減るものの、ゼロにはならないため、定期的な胃カメラ検査をおすすめしております。
検査の頻度は除菌時の慢性胃炎(萎縮性胃炎)の程度によってお伝えしておりますが、おおむね1年から3年に一回の検査をおすすめしております。

ピロリ菌感染の有無のみの検査

ピロリ菌に感染しているか検査を希望される方は、自費診療になります。
詳しくはお問い合わせください。

診療時間
休診日:水曜・日曜・祝日
土曜日の午後は原則検査のみ
▲ 土曜午後 14:00~17:00(受付14:00~16:30)
日祝
9:00~12:00
(受付8:30~
11:30)
14:00~18:00
(受付14:00~
17:30)
院長
河島 俊文
診療内容
内科 外科 消化器内科 内視鏡内科 肛門外科
電話番号
0287-20-1192
住所
〒324-0056 栃木県大田原市中央2-9-32
イラストマップ