• 内科
  • 外科
  • 消化器内科
  • 内視鏡内科
  • 肛門外科
0287-20-1192
栃木県大田原市中央2-9-32
Web予約

大腸カメラ

大腸カメラ(下部消化管内視鏡)検査について

大腸カメラ(下部消化管内視鏡)

主に大腸内の潰瘍、腫瘍、ポリープ などの病変の有無を調べるために行う検査です。大腸カメラも胃カメラと同じようにスコープの先端に超小型CCDカメラと照明が付いた機器で、肛門から挿入します。具体的には、直腸から盲腸までの範囲に炎症や憩室、潰瘍、ポリープやがんなどの有無を調べるのに用いられます。
また観察だけでなく、内視鏡で大腸粘膜などの組織を採取し、顕微鏡での詳細な病理組織検査も行うことができます。

当院ではオリンパス社の新内視鏡システムと拡大内視鏡を導入致しました。
LEDの光・高画質・特殊光により今まで見えにくかった病変や小さな病変の早期発見に貢献する内視鏡検査となっております。
そしてこれまでに数多く大腸の病気を発見してきた消化器内視鏡専門医の院長が検査を行います。長年の経験による技術と知識、最先端の内視鏡により安心して検査を受けていただけるよう心がけております。

大腸内視鏡というと痛い 苦しい 恥ずかしいと悪いイメージの方も多いかと思います。初めてで検査に対する不安が強い、以前つらい思いをされた等で困っている方は鎮静剤を併用する事で楽に検査を受けることができます。
技術、知識、設備に思いやりを加え四拍子そろった「またうけたい」と思える内視鏡検査を提供したいと思います。

大腸内視鏡検査を受けた方がよいとされる方(例)

  • 血液がついた便や血便がある方
  • 便秘や下痢などの便通異常がみられる方
  • 腹痛、腹部膨満感がある方
  • 貧血を指摘されている方
  • 顔色が悪いと言われる方
  • 急激な体重の減少のある方
  • 便潜血反応で「陽性」と出た方
  • 大腸がんになったご家族のいる方
  • 50歳以下で子宮内膜、卵巣、胃、小腸、肝胆道系、腎盂・尿管などのがんになられたご家族がいる方
  • 潰瘍性大腸炎やクローン病など炎症性腸疾患の方
  • 胃ポリープや大腸ポリープを指摘されたことのある方
  • 大腸ポリープや大腸がんを治療した経験のある方

など

大腸カメラで発見可能な病気

  • 大腸ポリープ
  • 大腸がん
  • 炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病)
  • 大腸憩室症
  • 虚血性腸炎

など

検査内容について

大腸カメラ(下部消化管内視鏡)検査では、まず大腸内をきれいにする必要があります。事前に下剤を服用し、腸の中の内容物をできるだけ取り除きます。
検査については、大腸が曲がりくねった構造になっていて、大腸カメラはその中を肛門から逆向きにスコープを挿入していきます。
そのため検査中に腹痛やお腹のハリを感じることがありますが、ほとんどの方が検査医と普通に会話をしながら検査が終了いたします。

眠り薬(鎮静剤)は使用することも可能です、内視鏡検査に不安のある方はお気軽にご相談ください。
鎮静剤使用の内視鏡検査のメリットとデメリットをご説明させていただき、使用するか否かご本人に選んでいただいております。

検査時は、超小型CCDカメラが撮影している大腸内部(直腸、S状結腸、下行結腸、横行結腸、上行結腸、盲腸)の映像を医師がモニターを通して観察します。
具体的には、大腸の粘膜に炎症や潰瘍、ポリープや悪性腫瘍の有無を確認します。
また医師が必要と判断した場合には、内視鏡で組織を採取(生検)し、病理検査も行います。
検査時間は、個人差はありますが、観察のみであれば15~20分程度です。

検査前にポリープ切除に同意をいただいた方については、発見されたポリープの大きさや状態にもよりますが検査中に相談の上ポリープの切除を行うこともあります。
当クリニックでの対応だけでは不十分と判断した場合は、検査後に患者様と相談させていただき患者様のご希望する病院や当クリニックと連携している病院、専門医療機関をご紹介させていただきます。

大腸カメラを受ける際の注意点

検査前日
  • ひじき・わかめ・こんにゃく・きのこ類など繊維質の多い食品、またイチゴ・キウイなど種子の多い食品は検査2日前から控えるようにしてください。
  • 前日は野菜類の摂食は控えめにしてください。
  • 夕食は消化の良いものを軽めに午後8時頃までに摂り、早めに就寝するようにしてください。
検査当日
  • 検査が終わるまで、食事はしないでください(水は可、服薬は指示に従ってください)。
  • 眠り薬(鎮静剤)を使用される方は、自動車・バイク・自転車での来院はしないでください。

大腸カメラ検査時の流れ

検査の前日もしくは当日は大腸内部をきれいにしなくてはならないので下剤を1-2リットルほど飲みます。
その後、腸の中の内容物が排泄されたことを確認後に大腸内視鏡検査を開始します。同検査の流れは次の通りです。

  1. 検査前に注射と鎮静剤を投与

    腸の動きを止める薬(鎮痙剤)を肩に注射します。またご希望の方には点滴を行いながら鎮静剤と鎮痙剤を点滴から投与します。

  2. 検査開始(大腸カメラ挿入)

    左側を下にしてベッドに横になり、肛門から内視鏡を挿入していきます。

  3. 腸内を観察

    医師がモニターに映る大腸の内部を隅々まで観察(生検のための採取やポリープ切除などの治療を行うこともあります)します。

  4. 検査終了

    一通り観察を終えたら検査は終了。検査時間は15~20分ほどです。

検査後の注意点について

検査終了後もいくつかの注意点があります。
検査前に知る必要がある項目もありますので、受けると決めた時点で以下のこともお知りおきください。

  • 検査後も鎮痙剤の影響でまぶしさや目がチカチカしたり、動悸やのどの渇きが数時間残ることがあります。
  • 検査後すぐに帰宅できますが、乗り物の運転は場合によっては避けたほうが良い時もあります。その際はご家族の送迎、徒歩やバスなどのご利用をお願いいたします。
  • 眠り薬(鎮静剤)を使用された方は、クリニック内で1~2時間程度休息していただき帰宅が可能になったことを確認後にお帰りいただきます。
  • 当日の飲酒は必ずお控えください。
  • 通常、飲食は1時間後から可能です。
  • ポリープを切除された方は、検査後一週間は湯舟での入浴はさけていただきシャワー程度にし、強度の運動や飲酒は約1週間控えてください。
  • 帰宅後出血があった場合は、検査説明時の指示に従って対応してください。
  • 検査終了後、気になる症状がある場合は、すぐに医師にご相談ください。
診療時間
休診日:水曜・日曜・祝日
土曜日の午後は原則検査のみ
▲ 土曜午後 14:00~17:00(受付14:00~16:30)
日祝
9:00~12:00
(受付8:30~
11:30)
14:00~18:00
(受付14:00~
17:30)
院長
河島 俊文
診療内容
内科 外科 消化器内科 内視鏡内科 肛門外科
電話番号
0287-20-1192
住所
〒324-0056 栃木県大田原市中央2-9-32
イラストマップ